公園再生へ

これまでの取り組みについて

渡辺とも子は区民の皆様、特に子ども達の安全を守るために、公園を重視しています。

公園遊具の破損や、危険箇所を放置したままであったなら、大きな事故を起こす可能性があります。文京区内の公園等で危険箇所等がありましたら渡辺とも子までお知らせ下さい。

ライン

これまでに渡辺とも子が対応した例

ライン

●千駄木公園の入り口柵を修繕しました。(2009年8月)

千駄木公園

先日(2009年8月)、隣接している幼稚園に通うお母さまから「公園の入り口にある柵が折れていて危ない!」とのご連絡をいただきました。早速現地に行き確認をしたところ、大変危険な状態でした。

近隣には、幼稚園、小学校、中学校があり、沢山の子どもたちが遊びに来ます。
早急に修繕のお願いをいたしました。

柵を新しいものに取り換えて、夏休みの前には安全な公園に戻りました。

信号機設置

 

ライン

●駕籠町公園の滑り台下を修繕しました。(2009年5月)

駕篭町公園

子どもの危険をほっとけない!

先日、区民の方から渡辺とも子に「駕籠町公園の滑り台の下で子どもさんがケガをした」との連絡をいただきました。
早速、現場に急行し確認したところ、人工芝が削れてプラスチックがむき出ており、大変危険な状態でした。
当日は応急処置としてダンボールを敷き、注意書きをしておきました。
すぐに修理依頼を行い、週明けの5月18日(月曜日)の朝一番には危険箇所が修理されました。
これで、子ども達も安心して滑り台で遊べるようになりました。

ライン

このような文京区内の公園等で危険箇所等がありましたら渡辺とも子までお知らせ下さい。

ライン

▶一覧のページヘ